Extyy

イスラエル 首都 トランプ

米国のドナルド・トランプ大統領は6日、ホワイトハウスで演説し、公式にエルサレムをイスラエルの首都と認め、米国務省に対しテルアビブに

「エルサレムをイスラエルの首都と、アメリカ政府は承認する」 という声明を出した。 これは、1995年に出来た アメリカの「イスラエル首都法」という法律を、 ようやくトランプ大統領が、実施したもので

アメリカのトランプ大統領は、中東のエルサレムをイスラエルの首都と認めた上で、大使館を移す方針を決めた。トランプ

トランプ「エルサレム首都」宣言の背景 島田勝巳天理大学宗教学科教授 トランプ米大統領は12月6日、イスラエルの首都をエルサレムと認定すると宣言し、テルアビブにある米国大使館をエルサレムへ移す大統領令に署名した。

[PDF]

トランプ大統領、エルサレムをイスラエルの首都と認定 一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 常務理事 首席研究員 小山 堅 またしても、中東地域全体を揺るがす重大な事態が出来した。米国時間12 月6

大変だな。東エルサレムも西エルサレムもイスラエルの不可分の首都だとトランプ&ネタニエフが宣言した。その一方でEasternエルサレムはパレスチナ国家の首都になると。どこだ?アルジャジーラはエルサレムの東の郊外かと

また、彼は、アメリカのトランプ大統領がエルサレムを首都だと認めたことは、イスラエルに第三神殿(エルサレムに、ユダヤ教の神殿が再建されるみとはは救世主の再来が間近になったことを示す予兆とされている)を準備する最終段階の 1つであり

ですが、イスラエルについての話は別です。 なぜかと言いますと、トランプ氏はイスラエルの首都はエルサレムであるという主張を認めるような態度が見え隠れするからですね。

この後のシナリオとして考えられるのはイスラエルによるイランの核装備実現阻止行動である。 がイラクの首都バグダッドにある米国大使館

在イスラエル米大使館がエルサレムに移転したことで、中東の和平は絶望的になったとまでいわれている。なぜ、ここまで問題になったのだろう

したがって、イスラエルと国交を持つ諸国も、大使館や領事館はエルサレムでなくテルアビブに置いてきた。ただし、2017年になってアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都であると明言 。

【5月13日 AFP】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が歴代政権の方針を転換してエルサレムをイスラエルの首都と認め、在イスラエル米

このように、イスラエル側の要求をほぼ全面的に取り入れた内容となったのは、トランプ大統領が、11月の大統領選挙を前に、宗教的な理由から

エルサレム首都宣言についての、私の所感 その1. 明日、日本時間で午前三時に、トランプ米大統領が、エルサレムをイスラエルの首都とし、大使館もエルサレムに移すということについて、大きなニュースになっていますね。

【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は28日、イスラエルとパレスチナの新中東和平案を発表した。パレスチナ国家の樹立を容認し

トランプ大統領は12月6日、ホワイトハウスで行った会見で「エルサレムをイスラエルの首都と公式に認定する時期が来た」と表明しました。現在テルアビブにある米国大使館を

トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都だと認定して以降、初めての金曜日。礼拝後には旧市街の入り口で小競り合いが起き、一瞬で現場が騒然となる一幕もあり、イスラエルとパレスチナの間の緊張が限界状態にあることを示した。

ワシントン(CNN) 米国のトランプ大統領は6日、エルサレムをイスラエルの首都と認め、在イスラエル米大使館を現在のテルアビブから

トランプ氏は、歴代米政権が唯一の解決策としてきたイスラエルとパレスチナの「2国家共存」を表向きは支持した。

トランプがエルサレムをイスラエルの首都として承認するのは、中近東の現実を無視して大統領選の公約を実行に移し、既存のアメリカ政治との違いを強調したい国内向けアピール目当てだという分析はその通りなのだろうが、いかにアメリカのユダヤ人

なお、トランプは、 2017年にテルアビブの米大使館をエルサレムに移転するなど、エルサレムをイスラエルの首都して公認しアラブ人の怒りを買っている。 次が、イスラエル入植問題の是認だ。

トランプ米大統領はエルサレムをイスラエルの首都と認定、テルアビブにある米大使館の移転を指示した。エルサレムの帰属をめぐっては、米国の歴代政権は和平の頓挫を懸念して「イスラエルとパレスチナが交渉で決める

【12月6日 AFP】米政府高官は5日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が6日にエルサレムをイスラエルの首都として認めると明らかにした。

トランプ氏はホワイトハウスで行った演説で、「私は、エルサレムをイスラエルの首都として正式に認定する時が来たと確信した」と発表。さらに、在イスラエル米大使館をテルアビブからエルサレムに移転する手続きの開始も表明した。

エルサレムは「イスラエルの首都」、トランプ米大統領が宣言/CNN 2017.12.07 09:38 世界の首脳らがトランプ氏を非難、エルサレムのイスラエル首都認定で/ブルームバーグ 7日 14:47 トランプ氏、対イスラエル政策転換 中東情勢に緊張/wsj 7日 05:07

米国トランプ政権が在イスラエル大使館のエルサレム移転を決定したことは、中東全域だけでなく欧米諸国にも火種をまき散らすものとなり得る

イスラエルは、ユダヤ人、キリスト教徒、イスラム教徒のために、礼拝の自由を常に確保します。 トランプ大統領、エルサレムをイスラエルの首都として認識する今日の歴史的決定に感謝します。ユダヤ人とユダヤ人国家は永遠に感謝し続けます。

トランプ大統領がエルサレムを「イスラエルの首都」 アラブ諸国が反発 提供社の都合により、削除されました。 関連ニュース. トランプ氏の

米国のトランプ大統領は6日、エルサレムをイスラエルの首都と認めるとともに、米大使館のテルアビブからエルサレムへの移転準備に入ると宣言した。国際社会は、これによって中東地域の不安定性が増すことを一様に懸念している。新華社が伝えた。

アメリカ時間の12月6日、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都に認定する大統領令に署名した。この唐突な発表は、ある意味、その一

「トランプ大統領のエルサレム首都認定を弾劾する~パレスチナにおける公正な平和を求める市民社会から日本政府・企業等への要望」――市民団体の連名で発表された声明文を特別掲載!

トランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都と正式に認定、現在テルアビブにある米国大使館をエルサレムに移転する方針を明らかにした。発表前日にパレスチナ自治政府のアッバス議長には、イスラエルとパレスチの2国共存が可能な中東和平案を立案中で、早くて2018年前半には明らに

【ワシントン時事】トランプ米大統領は6日、ホワイトハウスで演説し、エルサレムをイスラエルの首都と認め、商都テルアビブにある米大使館の

実はアメリカは1995年に既にアメリカ大使館のエルサレム移転を議会で決議しています。 従ってイスラエルの首都はエルサレムである、というのは基本的にはアメリカの国是であってトランプが言い出したことではありません。

トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことに対し、親米派を含む世界各国が反発を強めています。これを支持するのは日本だけと言っても過言ではありません。今、世界が恐れているシナリオ、日本国民が知らされていないリスクとは何でしょうか?

米国のトランプ大統領が「イスラエルの首都はエルサレムであり、米国大使館はそこに移す」と宣言した。なぜこの時期に火中の栗を拾う挙に出

トランプは、パレスチナの係争地におけるイスラエルの一方的な行動を承認して従来の政策まで変えた。エルサレムをイスラエルの首都として認め、米国大使館を移設した。

トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことにつき、フィナンシャル・タイムズ紙は12月7日付けで「トランプのエルサレムに

Jan 05, 2018 · エルサレムはイスラエルの首都:トランプ大統領 「イスラエル建国70年とパレスチナ問題」立山良司・防衛大学校名誉教授 2018.4.25 – Duration:

トランプ米大統領の「エルサレムをイスラエルの首都と認定する」宣言を受け、日本のngo「日本国際ボランティアセンター(jvc)」は12月21日、緊急報告会「トランプ政権『エルサレム首都宣言』の衝撃と、パレスチナの人びとの声」を開催した。

トランプ政権は、「世紀のディール」と自賛する和平案を発表した。複数の条件を満たせば「パレスチナ国家」をイスラエルから切り離すと初めて提案した。この点は、確かに画期的である。だが、その詳細を読むと、イスラエルにとって大幅に有利で、パレスチナ人たちにとって不利な点が

昨年(2017年)12月、エルサレムをイスラエルの首都と認定する宣言したトランプ米大統領。その背景にはなにがあるのか。日本では珍しい女性の

トランプ大統領が、昨年12月に、エルサレムはイスラエルの首都と宣言してから100日目となる16日金曜、ガザ地区、西岸地区各地で、パレスチナ人が、投石するなどの暴動をおこして、イスラエル軍と衝突した。 これにより、ツル・カレム付近でイスラエ

<トランプがイスラエルの米大使館をテルアビブからエルサレムに移すと、なぜ大問題なのか>アメリカのドナルド・トランプ米大統領がもし、イスラエルの米大使館を現在のテ(2017年12月4日

アメリカのトランプ大統領は、中東のエルサレムをイスラエルの首都と認めた上で、現在、テルアビブにあるアメリカ大使館をエルサレムに移転する方針を 決めました。

国連総会は2017年12月21日に開かれた緊急特別会合で、アメリカのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都に認定した決定を無効とする決議を、賛成多数で採択しました。

だが、トランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都と宣言し、今年5月に米大使館をエルサレムに移転させると表明した。エルサレムの地位はイスラエルとパレスチナの和平交渉で決めるという従来の立場を覆した。 (2018-03-08 朝日新聞 朝刊 1外報)

トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定宣言し、大使館を移転させる決定をしたことが、国際的な波紋を呼び、抗議活動では死者も出ている。1948年のイスラ(2017年12月24日

Back to top