Extyy

景麒陽子嫉妬

Jan 31, 2016 · “景麒の嫉妬ネタに弱い 麒麟だから嫉妬で闇堕ちするようなことはないだろうし、恩人の楽俊には感謝してるだろうし、どんなに陽子が好きでも、もし楽俊と結ばれることになったら許しちゃう気がする だけど何気なく楽俊と比べる陽子の一言なんかは、何百年もずっと刺さったままだったり

景麒(慶国の麒麟)が平伏したってことで陽子は慶国の国王だそうだ あららぁ、杉本さんはどーも陽子に嫉妬してるみたいですな あんだけいーよーにつかわれてるのに塙王に陽子の居場所を報告 不器用ですから・・・ こーゆー行き方なんでしょうな

今朝、騎獣を使いたい、と景麒にいったところ、理由を聞かれ。 その理由を述べれば、主上がお世話になった方ならば、と景麒が転変して乗せてくれた。 陽子はお昼ごろ、ようやく の家を見つけた。 地に降りてすぐ、陽子は家に駆け込む。 「 !!」

これだけの言葉で存在感が・・・!陽子は王なんだなと感じました。 それにしても最後の台詞はかなりの口説き文句だと思います。きっと景麒くんは隣で嫉妬してることでしょう。

その陽子の様は、景麒にしてみれば 『ちょっとドキドキ』どころではなかった。 下着より布地の少ない装束を身に着けているばかりか、 絵師にまで描かせるなど! ・・・ 景麒と陽子の間で交わされたいつもの口論を、あえて描写はすまい。

<角がない麒麟>るみさん (ほんご~) しかし、蓬莱の陽子をよく見つけたよな<景麒 (黒無糖) いいんです。景麒ですし(酷い) (崎Q) じゃ、契約は常世にいってからにすればよかったのに

・犬夜叉(殺りん)・十二国記(景麒×陽子/他陽子受)・破天荒遊戯(ラゼル受) ・他(気が向いたらゲーム・漫画の男女カップル~‥‥) 等々 ‥‥‥そんな感じで四コマ中心に書きなぐっていくと思われ

そして陽子はみすみす国を荒らすことになるのを恐れながらも、官の顔色を伺いながら王座につく王ならば、斃れてしまった方がいいと思うようになりました。 よって、陽子は全権を麒麟の景麒に任せ、自分は王宮を飛び出し街で暮らすことを決意します。

私はcdブック表紙「東の海神 西の滄海」、ゲームジャケット「十二国記 赫々たる王道 紅緑の羽化」、「十二国記2004カレンダー表紙(景麒に騎乗する陽子だが、景麒がめちゃ美しい!)」が好きで何度も行ったり来たりしながら見入っていた。

景麒×陽子/18禁 収録作品 ・漫画(35頁)+短編小説(5頁) ・いつもよりアダルト度が高めです。お嫌いな方はご注意下さい。 ・陽子→景麒と見せかけて、景麒→陽子です。陽子の前ではへたれだけど、陽子が居ないと少し腹黒くストーカーな景麒です。

お兄さん、景麒。 (か、可愛い・・・・ 何て愛らしいんだ。 食べたい・・・・) 仲間に入れずいじける陽子。 (何とかして手なずけたい・・・・。 おい!身体に触るんじゃない!) ケケッと嫉妬笑いの楽俊。 (おいらの方がぜぇったい可愛い!) 延麒

陽子と景麒も似てるもんね(*ノ∪`*) 泰麒が驍宗に似てるなら、 驍宗もまた泰麒に似てるところがあるな、と。 「人望がない」 「戦績と功績という結果についてきてくれているだけ」 という驍宗の自己評価の低さは泰麒と確かに似てるな、と。

塙王の加担により、景麒を呪で縛って従わせた舒栄は、それをもって王に選ばれたと流布することで、慶国の諸侯を味方につけていきます。 が、そこに唯一従わなかったのが、後に陽子の宰相となる麦州候

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦い

風の万里 黎明の空苦難を抱え、人はみなその運命に泣いていた。 陽子は王ゆえに葛藤し、少女たちは嫉妬と羨望に哭く。――希望に向かい旅立つのだが。《完全版》「十二

あ、陽子さんが強い女王様らしくなりました。 十二国記の浩瀚×陽子、んでもって、何故だか景麒視点です。 目指すは古い系の少女漫画。てことで、この場合やっぱり嫉妬?

いやぁ、夕べはサッカーW杯アジア最終予選の北朝鮮戦でしたが、見ました?あっしは「お話」をあれこれ書きながら横目でちらちら中継を見ていました。まぁ、負ける気はあまりしていなかったんですが、前半がスコアレスで終わった時は引き分けか、カウンターでやられてしまうのではない

ふせったーでもよかったんだけど、長くなりそうだったのでnote使ってみた。 使い方あってるかなコレ。 感想というか心の叫び声。 順序の何もごっちゃごちゃです。あと語彙力もないです。 そしてもちろんネタバレですので、未読の方は回れ右で!

陽子が答えると利広も陽子の背中に手を回して抱き締めた。 「嫉妬?」 聞いてくるので今度は前みたいに否定せず素直に肯定する。 利広は嬉しそうに微笑む。 「大丈夫、私には陽子しかいないから」 陽子を抱き締める手に力を込めて言った。

景麒が陽子に誓約強要したのは妖魔=他国の麒麟が追ってくるという 異常事態が発生したからであって余裕があれば無理はしないでしょ 一方をageるのに妄想の例え話で関係ない麒麟をsageるのやめなよ 何回か言われてるけどさ

どうして臣下筆頭たる二人が虫除けも知らないんだ!と陽子は憤慨していたが、陽子以外の関係者はみんなわかっていた。 ――ようは『男除け』ってことでしょ?―― しかし誰も陽子に教えてあげる気はないらしい。 (だっておもしろいんだもん!by鈴

予王はあの景麒という存在そのものに恋着した。だからこそ、玉座のものである景麒が、あれの意志ではない献身が許せなかったのだろうよ」 「それでも今、景麒が自分のもとにいるのに?」 納得のいかない顔で陽子が顔をしかめた。

特に陽子が景麒に乗って登場して、禁軍将軍を一喝する姿が格好良い。 最初のころは自分中心にしか物事を考えてなかった鈴と祥瓊が人の為に戦う姿をみて、本当に変わったなーと思いました。陽子も自分なりに王としてのあり方を見つけたようで何より。

承前[MuBlog:東の海神 西の滄海]風の万里 黎明の空:十二国記/小野不由美 新潮文庫で上下二冊、圧巻だった。読み終えると頭がぼーっつとなる。このシリーズの中心人物は、もしかしたら初回の『月の影 影の海』のヒロインだった陽子なのかもしれない。

景麒のブンは捨て置くとしても、楽俊と浩瀚は。 特に浩瀚・・・。 藍滌の入れ知恵で、二人に大公の筆を渡し、嫉妬の嵐に狂った二人は・・・ なんて黒い陽子を想像してみたのですが・・・やはり、迂闊な鈍ちん陽子のほうが、 見てて楽しいかなぁ~

昨日、自分自身の衝動を抑えきれず、遂に購入してしまいました――ゲーム『マイネリーベ ~優美なる記憶~』を。 友人から既に『マイネリーベ ~誇りと正義と愛~』を借りているにもかかわらず、さっそく浮気です。ってことで、二つのゲームを満遍なくプレイしたいと思います。

十二国記の登場人物 範西国 呉藍滌(ご らんじょう)現在の氾王。治世は300年。長身の男性だが、女性なみの美人。非常に洗練された趣味人で、金銀の甲冑を着て喜んだ驕王など、趣味の悪い者や物事を嫌う。延王・延麒とは付き合いが長

全てを捨てても追いつけず、臓腑を焼くような嫉妬に苛まれていた黒死牟が、死の間際に鮮明に思いだすのは縁壱の顔で、遺品の笛を持ち続けたところに愛憎入り混じった感情が表されています。 #鬼滅の刃

日記。 甘ったるい飲み物ひさしぶりだ~。さむいからマグカップに移してあたためて飲みました。. 冬晴れの祝日。 チャリでカフェへ。 日替わりワンプレート、この日のメインおかずはポークジンジャー。

十二国記|最新作から名作までアニメをたっぷり楽しめる動画配信サービス!月額1,000円(税抜)で対象の作品が見放題!初回は無料でおためし頂けます。スマートフォン、パソコン、タブレット、テレビで大好きなアニメを楽しもう!

あと景麒×陽子←誰か(誰でもいいんかい)の景麒の嫉妬祭り二次創作が。ボタバラ見てると昼メロが見たくなるらしい(ムリだろ、十二国記で昼メロはムリがありすぎるだろー!)。ちなみに種はもともと昼メロ大暴走なので無問題。

陽子が力を込めていうと、楽俊は微苦笑した。 「おいらは別にいいよ。第一、延王や延台輔のああいう姿はおいらの部屋じゃ、 ちょっとなぁ」 思わず言葉に詰まった陽子の頭に、楽俊はぽん、と右手を置いて口角を上げた。

やがて、景麒が見せる不器用な優しさに恋慕するようになり、結果としてさらに政治への関心を失う。最後には、景麒への恋慕のあまり、目に映る全ての女性に嫉妬し、王宮から女性を追放。あげく国中から女性を追放するという大暴挙に出てしまう。

慶東国 中嶋陽子(なかじま ようこ) 現在の景王。紅い髪・翠の瞳・褐色の肌を持つ美少女。現代の日本(蓬莱)で生まれ育った高校生だったが、胎果であり、王気に導かれて蓬莱に渡って来た景麒により常世(十二国世界)に連れ戻され、楽俊や延王らの助力を得て偽王と塙王の企みを破り慶

景麒×陽子 18禁 ・景麒×陽子。シリアス小説(85頁)+漫画(22頁)。 ・壊れた景麒×陽子シリーズ完結編です。(獣の理、獣の夢の完結編です) ・粗筋と本編アドレス紹介付きです。

陽子がkさんに「ごめんなさい」いえるもんだったら言ってるだろう 男の嫉妬は怖いな 景麒の許すとおっしゃいは まだ陽子が王になる前だから命令口調も納得だけどな

ついに、新刊が!12月12日、妹からlineで知らされた時は思わず声をあげてしまいました。歓喜の渦です。私のtlでも読書家のフォロワーさんは大興奮でした。もうお祭り騒ぎ!小野主上!本当にありがとうございます! ※10月20日/11月9日、新刊「白銀の墟 玄の月」に関する備忘録を纏めました。

1人の少女が激動の十二国の歴史の中で、試練に立ち向かいながら成長していく姿を、壮大なスケールで描く大河冒険ファンタジーアニメの第5弾。第11話から、陽子が偽王として立った舒栄から景麒を奪還することを決める最終話までを収録する。

Back to top