Extyy

紅の歌老いたる母の築きたる

[PDF]

たすけよ」と叫ぶ老母。親子に「我を捨て子ども(孫)をを助ける孝行息子、その息子子どもを犠牲にして老いた母 の胸を打ちます。の情愛が時代を超えて私たち * 一紅は、享保九年(一七二四) ともに

青空WING トップページ. 青空てにをは辞典 「~たる」 数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引 ~ため ため

石川啄木は明治43年12に処女歌集「一握の砂」を刊行しました。 啄木24歳のことです。 啄木は生涯2000首以上の短歌を詠んでいますが、『一握の砂』および第二歌集『悲しき玩具』に収められたのはおよそ800首。 このページには、北海道を離れて東京に行った明治41年5月~6月に詠んで、詩集に

母居れば其処がふるさと父入れ歯こそ嵌め居れど老いてよぼよぼ 鳥羽散歩 コスモスの風に揺れたるあきる野のあきるにあらね飽きし紅白 写真展見終わればわれに礼をする拉致被害者を支えいる人 (仙台

歌ひとつ作りて涙ぐむことあり世の現身よわが面(おもて)をな見そ 東雲. 老身はひたすらにしていひにけり「群鳥」とともにはやく春来よ. 老いし歯の痛みゆるみしさ夜ふけは何といふわが心のしづかさ. 運命にしたがふ如くつぎつぎに山の小鳥は峡を

五味 保義(ごみ やすよし、1901年 – 1982年)は、長野県の歌人、万葉学者。 旧制諏訪中学卒業。東京高等師範学校文科を出て、京都帝国大学国文科卒業。中学時代より同郷の島木赤彦の影響を受け、短歌

数又みはるさんの第一歌集『石榴の木のある家』です。 数又さんは「塔」会員、横浜市在住。 「石榴の木のある家」とは数又さんの郷里、宮城県の家です。「あとがき」にこうあります。

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo作詞:落合直文、作曲:不詳 その一 阿蘇の山里秋ふけて 眺さびしきゆふまぐれいづこの寺の鐘ならむ 諸行無常と告げわたるをりしもひとり門(かど)にいで 父を待つなる少女(をとめ)あり年は十四の春あさく 色香ふくめるそのさまは梅かさくらかわかねども 末

供花剪つて母よ夜明の紅梅に 三橋鷹女 紅梅の紅を障りに書き籠る 上田五千石 天路 紅梅の紅寒木瓜の朱ひたよせる 山口青邨 紅梅の紐やわづかに講びらき 正秀 紅梅の老いたる故の花の艶 清崎敏郎

『歌仙落書』には歌仙として六首の歌を採られている。同書評に「風体義理を先としたるやうなれども、すがたすてたるにあらず。すべて上手なるべし」とある。小倉百人一首にも歌を採られている。私撰集『現存集』を撰したが、散佚した。

[PDF]

境川の自然の中で俳句また俳句評論で確固たる業績を残した。俳誌「雲母」は蛇笏から龍太 へと引き継がれ、多くの俳人を輩出した。龍太にとって蛇笏は第一に父親である。そして、 近代俳句の世界で連峰を成す偉大な俳人の一人である。

御製(天皇陛下のお歌) 紅のしだれざくらの大池にかげをうつして春ゆたかなり 皇后陛下御歌 ふだんざくらおほしまざくらも咲きそめて光あまねきけふのみそのふ 皇太子殿下お歌 四年にもはや近づきぬ 今帰仁 (なきじん) のあかき桜の花を見しより

われらをして戰ひに凍へたる手と疲れたる唇に 友を亨けしめよ 銀の鉛屋根の上に 朽葉色の標燈の照らす夜を われらの老いたる母のひとり眠る時 明るき原と自由なる槌を,こゝに 赤きプラカードのごとく

〔 諸 家 熱 吟 〕 俳 句 を 詠 む. 秋さびしおぼへたる句を皆申す 炭 太祇 手をついて歌申しあぐる蛙かな 山崎宗鑑 行く春や撰者を恨む歌の主 与謝蕪村 歌とは短歌 (蕪村時代では和歌か?) ともとれますが、俳句と受けとっていいでしょう。

僕がこころの 良人なら君はこころの 花の妻遠く寂しく はなれてもなくな相模の かもめ鳥たとえこの眼は 見えずとも清いあなたの おもかげはきっと見えます 見えました愛の心の 青空にむかし乙女の 初島田泣いて踊るも 生計(くらし)なら清い二人の 人生を熱い泪で うたおうよ

俳句コンテスト:2017年03月応募作品一覧。海苔の老舗専門店、山本海苔店では日本の文化である俳句コンクールを定期開催。優秀賞、入賞に選ばれたお客様には、山本海苔店より粗品を進呈いたします

僕がこころの 良人なら君はこころの 花の妻遠く寂しく はなれてもなくな相模の かもめ鳥たとえこの眼は 見えずとも清いあなたの おもかげはきっと見えます 見えました愛の心の 青空にむかし乙女の 初島田泣いて踊るも 生計(くらし)なら清い二人の 人生を熱い泪で うたおうよ

村の童にしるべせられて行けば竹藪の中に柵もて廻らしたる一坪許りの地あれど石碑の殘缺だに見えず。唯一本の筍誤つて柵の中に生ひ出でたるが丈高く空を突きたるも中々に心ろある様なり。其側に西行の歌を刻みたる碑あり。

私は、母親の背に負ぶさって逃げた頃でした。・・で、戦争の悲惨さ哀しさを知らない。 還暦を過ぎて、尚、”悲惨”、”哀しみ”なる言葉の、本当の意味を、知らないと言うことだ!

愛知の高校生スカウトのブログ 愛知県でベンチャー活動や創価学会に奮闘する高校生男子の徒然なる日記です。

親切、丁寧、低価格、自費出版といえば喜怒哀楽書房。特に少部数の俳句、短歌、川柳、絵本での実績が多数。創立70周年の木戸製本所が母体のため、完成形に近い本の形での校正を実現。16周年を経て女性だけのスタッフが入稿から納品まで一貫してお手伝いします。

草紙となしたるを 判決したるを 歌を寄せられたるに 紛失したるを 加へたるが 與へたると 變質したるを 露したるに 豊麗を与へたると 変質したるを 命を下したるが 差控へたるが 激増したるが 近くなれたるに 書斎に入って来たるは 人にも知られたるほど

Feb 21, 2018 · “リツイート @ 鍵 先日の地区総会 地区婦人部長が開会のあいさつで 18歳と81歳の違いの話をしたら みんなで笑って 場がよい雰囲気に♪ 「つかみはOKでした!」 と地区婦人部長の会心の笑み! 写メしてもらいました( *^艸^)”

老い 2足音の老いしと思ふ夜番かな 西島麦南足裏に畳の老いを舞始 辻桃子足老いて仏よろめく練供養 井上玉枝俗吏とし老いメーデイの列にあり 岸風三楼 往来俗

童女にて母が呼ばれし我の名はいかにきらきらと光りしならむ. 古かまど今日も時刻に炊きつけて日ぐせはららぐ粉雪きけり. 紅梅いつか紅を点ずる日もありと凍てたる日日のこころを起す. 死の日まで何の證(あかし)もなけれどもあられが降ればものに音する

母親に甘えるすべ知らずきて 愛が慾しいと母逝きて思ふ 平成二十年十一月十八日 6 事情があり母親の愛情を受けないで もっと見る; 独り身の我に倹約押し迫り師走の風が懐を突く 平成二十年十一月十六日 3 これも離婚直後の事、師走(12月

『一握の砂』を朝日文庫版で読む 近藤典彦 石川啄木著・近藤典彦編『一握の砂』(朝日文庫)は啄木の編集意図を完全に復元し、解説した初刊以来100年かつてなかったバージョンの『一握の砂』です。

花京に老たる母あり。嬰兒にかへてぬ愚子をしたひ待。異鄕にうかれたる愚子は。萬里をへだてゝ母をおもひをく。斗藪のためにいとまをこひて出しかども。我をすつとやうらむらん。無爲に入ば眞實の報恩なれども。有爲のならひはうときにうらみあり。

[PDF]

母上は私たちの心の畑に愛の種を蒔かれたが 共に悲しむことによって私たちの愛は一層確固たるものとなった ああ、この世界――老いも若きも悲しみに暮れるこの館 せかい 人は昨日明日という時間の何たる魔術にたぶらかされていることであろうか

8 6.愛国の花 につくす女等はかがやく御代の山ざくら地に咲き匂う国の花老いたる若きもろともに国難しのぐ冬の梅かよわい力よくあわせ銃後にはげむ凛々しさはゆかしく匂う国の花勇士のあとを雄々しくも家をば子をば守りゆくやさしい母やまた

< 母 ・ レ ク イ エ ム (1987〜8年)> 山茶花の赤の咲きおる生垣を通れば遠き田舎の母想ふ 点滴の母の拳にぎれば吾を見てかぼそき声で我が名呼びたる 八月十五日はわれの生れ日入院の母を訪ね来ており

老いたるハンスル夫婦が漁師小屋も、最早百歩がほどなり。われはおん身をかしこへ、伴はむとおもひて 来 ( こ ) しが、胸騒ぎて 堪 ( た ) へがたければ、この店にて 憩 ( いこ ) はばや。」巨勢は 現 ( げ ) にもとて

「老いたる恋」あるいは「老いらくの恋」としては昭和二十年前後の、齢七十に届こうかという歌人 川田順のそれが世情をにぎわしたけれど、昭和十一年をピークとした斎藤茂吉の、生存時には秘められていた恋を忘れてはならない。茂吉のそれを語る前に

愛国の花 作詞:福田正夫 作曲:古関裕而 ましろき富士の 気高さを 心の強い 楯として 御国につくす 女等は かがやく御代の 山ざくら 地に咲き匂う 国の花 老いたる若き もろともに 国難しのぐ 冬の梅 かよわい力 よくあわせ 銃後にはげむ 凛々しさは ゆかしく匂う 国の花 勇士のあとを

妹の庭の椿の花あつめ老いたる母の浴槽に浮かす 堀口寬子 平成元年4月号. 百号の額に収る画にも似て庭の椿の紅色冴ゆる 南種春子 平成元年4月号. 葉隠れに朱く咲きたる寒椿風の吹かぬにぽとりと落つる 山田より 平成3年6月号

・ 知りたくてわが生い立ちを尋ぬれば猫引き寄せて語らう母あり ・ 目力の失せたる母を前にして尋ねたき事すべて仕舞いぬ ・ 時にして女は心外見は一時そう言いのけし君も人の子 ・ 風揺らぎ地に映りたる葉の影にあの薄墨の遠き思い出

すっと来てほうたる囁きすっと去る ひよとり 蛍飛ぶゆうらりゆらり小暗がり ひろ志 暗い道光る蛍のカーニバル

男山老いてさかゆく契りあらばつくべき杖も神ぞ切るらむ(続拾遺1416) 【通釈】男山の坂を越えて八幡神に祈った効験あって、老いて栄え行くと約束された我が人生であるのならば、然るべき時に突くことになる杖も、神が自ら切って下さるだろう。

アンチ正義の歌(紅〇歌) 一、 ああ紅の 朝明けぬ 魁光らぬ 糞カルト ああ呼び鈴を 打て 鳴らせ 嫌がる住民を なにかせむ 邪悪の層化には 栄えなし 地涌の正義に アンチの旗 二、 毀誉褒貶(きよほうへん)の 犬作降し 暗黒の鬼畜道 この崖を

「櫂未知子の金曜俳句」投句一覧です。 選句結果と選評は『週刊金曜日』2018年2月23日号に掲載します。

函館の歌:いのちなき砂のかなしさよ さらさらと 握れば指のあひだより落つ 函館の歌:砂山の裾に横たはる流木に あたり見まはし 物言ひてみる 函館の歌:ひと夜さに嵐来りて築きたる この砂山は 何の墓ぞも 函館の歌:いたく錆びしピストル出でぬ 砂山

青磁社から買ったとき歌集の厚さにおっと思ったが一気にするすると読めてしまった。歌の持つトーンが落ち着いていて、安定しているせいかもしれない。永田家の物語は知っていたが、父、母、息子、娘と少しずつ違った視点から語られていくのが面白い。

過日、佐佐木信綱の全作品を読みなおす機会があり、信綱こそ八十二年におよぶ歌歴を晴のうたで全うした歌人であることをあらためて知った。 まかがやく豊旗雲の國さして紅の帆は大海を行く 『新月』 汚れたる母の始末をせる妻が手を洗ふ水秋の

夕つ日のまぶしき光にかくれたる鳥の姿は遠のまぼろし: 秋彼岸過ぎて蒸し暑く眠られぬ暁ちかく安定剤服む: リハビリの長く待つ間の気の急かず生き過ぎたりと思う日がある: ホームレスの人らの住まう公園に知らず入り来て犬に追わるる

秋 秋は透明な 薄いむらさきだ むらさきの秋は 騒がしいものを寄せつけない 体の透きとおる人をだけ そおっと淋しくなでるのだ むらさきの中では 淋しがりやだが 強い死なない人だけが 首をたれて 落葉をハラハラと浴びるのだ 矢沢宰『光る砂漠』よりきちん

Back to top